タイミーは扶養に含まれていますか?

タイミーは扶養に含まれていますか?

最終的にはご自身でご判断いただくようお願い申し上げます。

タイミーを通じての業務は、ワーカー様と企業様との業務委託契約と直雇用の2種類がございます。

業務委託での報酬は給与所得ではなく、事業所得もしくは雑所得のため、
源泉徴収に当たらず企業側で税金を引くことはございません。
確定申告が必要で、通帳への入金額が売上の証拠になるので、通帳のコピーでの確定申告となります。
ただし、年間所得が20万未満の場合は確定申告の義務はありません。

なお、扶養の範囲の判断は「所得」が38万円を超えるかどうかで判断することになります。
給与のみの場合は給与額面が103万円以下(このとき給与所得は38万円になります)、
雑所得がある場合は、雑所得(収入ー必要経費)を加えて合計所得金額が38万円以下であることが必要です。
実務的には各個人の判断にはなりますが、年間の報酬が103万円程度であれば必要経費は65万円ほどかかるため、扶養控除の対象になると考えられます。
詳細を確認されたい場合は、税理士にご確認をお願い申し上げます。