株式会社メガネスーパー 「導入前と比べて7%のコスト削減効果」 採用にかける経費や時間の大幅削減に

株式会社メガネスーパー 「導入前と比べて7%のコスト削減効果」 採用にかける経費や時間の大幅削減に

 
株式会社メガネスーパーは、お客様一人ひとり異なる眼のお悩みや生活環境に応じたアイケアサービスを提供しています。さらに、お客様のQOL(Quality of life/生活の質、人生の質)の向上につながるアイケアの可能性に挑戦し続けている全国チェーン店業界の大手企業です。

 
今回は、タイミ―を導入したことでどのような変化があったのか、人事採用を担当する小西さんとジェネラルマネジャーの福井さんにお話を伺いました。

左:小西さん 右:福井さん

 

事業内容について

小西さん:株式会社メガネスーパーは、眼鏡・コンタクト・補聴器の小売がメインの企業です。

昨年前の2017年11月にビジョナリーホールディングという持ち株会社を設立いたしました。
その中にはメガネスーパーを含めて7社が入っており、その内4社が小売(眼鏡・補聴器・コンタクトの販売)、2社がホールセール(卸販売)、1社がウェアラブル会社となっております。

4社がBtoCで、3社がBtoBの企業形態をとっていて、天候含め様々な状況下においても収益性を落とすことなく、マーケットに対して安定して利益を確保できる施策を展開しています。
また卸の会社でコンサルの仕事をうけようと考えており、こちらはBtoBで収益の上がる事業体系を築いているところです。

 

実際タイミーを導入してみて

小西さん:ものすごくいいと思います。短日アルバイトや日雇い労働で有名な企業様に業務をお願いすることもあるのですが、正直なところ仕事に対する取り組みの姿勢で言うと、タイミーのワーカーさんの方が断然レベルが高いと思います。
その理由として、タイミーさんではクライアントとワーカーさんの双方向から評価するシステムにより、ワーカーさんの責任感がある一定担保されているからだと思います。その辺に関して特に導入してよかったです。
加えてワーカーさんのスキルも高く、最近では中国語を話せる人を募集したら、中国語に加えて英語も話せるトライリンガルの方がマッチングして驚きました。

 
ー導入によりコストに変化はありましたか?

小西さん:以前と比べてコストは93%くらいにまで抑えられています他の日雇いの会社と全く同じ業務を任せているわけではないですが、タイミーさんの方が料金が安く7%くらいコストが収まっています。
それでいてワーカーさんの質が高いので、サービスについても好印象です。

 

タイミーを導入してよかった点

福井さん:弊社ではアイケアカンパニーとして、高付加価 値戦略に特化していて、あらゆるサービスを提供しています。
眼鏡の検査をできる人は統計で1万人に1人しかおらず、それだけの価値の高い業務をしているにも関わらず、特別なスキルが必要でないティッシュ配りやポスティングなどの業務も社員が行っている状況です。
そこで価値の高い業務と、単純な業務を切り分けていく必要があると考えています。

他の競合は安く商品を提供するため、検査やカウンセリングの時間を短くし回転率を上げる方針をとっていますが、うちは全く逆を行っています。「検査を軸としたアイケアサービスの実施に時間をかけることにより、お客様の満足度を上げ、ライフタイムバリューを上げていく」ことを目的としているので、そんな考え方にタイミーさんのサービスがものすごくはまったのだと思います。

 
小西さん:もう一つは採用にかける経費や時間が大幅に削減された点ですね。1か月のうち、通常採用に5、60時間かけているのですが、タイミーさんを利用すると人件費や広告宣伝費などを一切かけずにワーカーさんを集めることができます。そして実際に働いていただいて、仕事ぶりが良ければ お気に入りリスト(※)に入れさせていただく事で、次回もその方に来ていただきやすくなって非常に効率的です。

コスト面も抑えられ、マッチングのスピードも早く、効率が非常に向上しています。この間も16秒でマッチングして本当にすごいと思いました。

※お気に入りリスト・・・1度来たワーカーの評価をする際に、リストに追加することができ、募集開始すると先行公開される機能。先行公開されたワーカーにしか案件が表示されないため、優先的にマッチングしやすくなります。

 

タイミーワーカーに期待していること

福井さん:どの業務も大切な仕事なので、前向きに働いてもらえたらいいと思っています。ただしこちら側の態度によってワーカーさんの働き方も変わってくると思うので、特別なスキルを期待しているというよりは、こちら側がわかりやすく業務の説明をすることを心掛けています。
ワーカーさんには、いつも「うちを選んで、働いてくれてありがとう」と思っています。「お金がもらえた」プラス、「働いてよかったな」という経験をしてほしいです。

今後は業務内容にも変化をつけつつ、エクセルやパワポの資料の制作など難易度の高いものには金額も上乗せしていこうと考えています。

 

今後の展望について

福井さん:お客様に施す高付加価値サービスをさらに極めていきたいと思っています。その為には業務を単純作業と難易度の高い作業に分け、単純な作業に関しては、外部委託し、スタッフがより難易度の高い作業に時間をかけられる環境を作りたいと思っています。
今は誰でもできる業務、例えば電話受けつけなども外部委託しています。そういう仕事と切り分けて、今後は「誰でもできるような業務で働いてくれる人」と「難易度の高いことの技術を磨き、研修も重ねて行う人」と明確に2つの軸に分け、社員育成もより効率よく行うことで、お客様に施すサービスの質もさらに向上させ、お客様のライフタイムバリューを高めるような施策を進めていきたいと思っています。

 
ー「優しく丁寧に教えていただいた」などの評価が高いメガネスーパーさんですが、何かワーカーのリピーターを増やすコツはありますか?

福井さん:企業の理念として、どんな相手ともWIN-WINの関係でいれることがベストだと思っています。そのため「やらせる」という言葉は禁止にしています。

レイヤーに関係なく、その人にはその人の役割があるため、「仕事をしていただいている」という気持ちでいます。もちろんレールを引き、一つの業務だけを淡々と行っていただくことも大事だと思います。
タイミーのワーカーさんには相手の気持ちを考えつつ、例えばティッシュ配りをする際も、年代別に適した接客を考えて行動してもらえたらより嬉しいです。それにより会社全体の生産性の向上にも繋がると考えています。業務の目的を理解していただくためには、「なぜそれをするのか」を伝えることも大事だと思っています。
弊社では仲間の社員に向けてどこまで納得してもらい、能動的に行動してもらえるかなどの教育も受けていたので、それがおのずとワーカーさんに業務内容を伝える際に出ているのかもしれません。

 
ー最後に一言お願いします。

小西さん:タイミーさんとは、今後も互いにとって有益なことは、どんどん一緒にやっていきたいと思っています。

 
ーありがとうございます!小西さん、福井さん本日はお忙しい中ありがとうございました。これからもタイミーをよろしくお願いします!

 

タイミーの資料をダウンロード